リウのくらしの絵日記

実家で要介護1の認知症の母と暮らしています。楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



母、老人ホームに入居する (4)

 

母が施設に入居してから、1ヶ月ぐらい経ちます。

 

とにかく、母を入居させて一週間ぐらいは夢でうなされるくらい悩みました。

 

入居させてよかったのか、やはり連れ戻した方がいいのか。

 

自分のことではなく、人の人生(と言ったら大袈裟かな?)をわたくしが決めなければいけないのだから、そりゃ苦しいです。

 

母が自分の考えで、こうして欲しいって言えば楽なんですけどね。

 

つくづく、自分が認知症になった時のことを考えて「この施設に入れて!」って事前に決めておけたらいいなあって思いました。(しかしわたくしの年金で入れる施設はないんじゃないか・・・とも思うし、まあ、この話は別の機会に・・・)

 

書類の手続き、母の病院の付き添いなどで何度か施設に行きました。

 

コロナ禍のため玄関でしか話せませんが、わたくしの顔を見ると「よかったー」と涙ぐんでいます。

 

でもすぐに落ち着いて「車で来たと?」「子供さんは?」「おばあちゃんは元気になりんしゃった?(誰のことか不明)」など、一人でいろいろ話をします。

 

しばらく経って、わたくしが「もうそろそろお昼の時間やない?」と言うと、「あんたたちもお昼食べるんやろ?」「また夕方来るとよね」と言って職員さんと部屋に戻る母。

 

初めは「すぐ帰る!」と言い出すのではないか、とハラハラしていたのだけど、それはなくてびっくり。

 

たぶん母はショートステイでしばらくここで過ごしてるって感覚なのかなあ?(日にちの経過の間隔がないみたい)

 

母が帰りたい!とワーワー泣いたりしたら、わたくしも動揺しまくるんでしょうけど、何度か来るうち、「あとでまた来るね(来ないんだけど)」と手を振って帰ることにも少し慣れました。

 

まだ1ヶ月なので、これからどうなるのかわかりませんし、母を入居させてよかった!とはまだ思えません。

 

思えないと言うか、これが正解だったのか。

 

介護に正解も不正解もないってことはわかるんですけどね。

 

まだまだ自分の中でぐるぐる考えは巡っています。

 

しかし、自分でもびっくりするぐらいよく眠れるようになりました。

 

一応、母の老人ホームの入居の話はおしまい!

 

と言うか、また書きますね。

 

読んでくださって、ありがとうございます!

 

では!

 

母、老人ホームに入居する (1) - リウのくらしの絵日記

 

母、老人ホームに入居する (2) - リウのくらしの絵日記

 

母、老人ホームに入居する (3) - リウのくらしの絵日記