アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



アラフィフでも嚥下障害の予防を!

 

f:id:aroundfiftyliu:20190814180825j:plain

 

 

 

50代でも飲み込みにくくなった

 

最近、パリパリのおせんべいとかクッキーを食べるとですね、ごっくんした後でものどに何かひっかかって、咳き込む事が多くなりました。

 

こ、これはいわゆる嚥下障害・・・!?

 

高齢者に起こる事だとばかり思ってたのですが、わたくしのような50代もあぶないです。

 

昔、アメリカのレーガン大統領が55歳の時、お菓子を気管に詰まらせて、一時意識不明になったこともあったそうです。

 

嚥下障害かも

 

下記のような症状がみられると嚥下障害かもしれません。

 

・食事中によくむせる

・以前はむせなかったのに、時々むせるようになった

・食事中や食後によく咳が出る

・食べ物がのどにつかえる感じがする

・食べ物をお茶や味噌汁などで飲み込むことが多い

 

わたくしはむせるよりは、食後(乾いたお菓子を食べた後)に咳がよくでるようになったのですよね。やばい。

 

予防と気をつけたいこと

 

腹式呼吸で深い呼吸をこころがける。

 呼吸機能を高めることで、気管に食べ物が入った場合でも排出しやすくなる。

 

・パ行、ラ行、タ行、カ行、マ行を繰り返し発音する。

 気管をきたえられる。

 

・首や口・舌の周辺の緊張をとり、リラックスさせる。

 飲み込む時の筋肉運動をスムーズにする。

 

・いすに深く腰掛け、正しい姿勢で食べる。

 

・テレビを観ながらなどの、「ながら食事」はやめる。

 

・急がずゆっくり食べる。

 

たしかに昔は短時間で急いで食べたり、口の中にまだ食べ物が入ってるのに立ち上がって、他の用事をすませようとしたりしていました。

 

でも、今それをやると、もれなく「むせます」。

 

最後に

 

嚥下障害の原因は加齢によるものだけでなく、脳卒中や心因的なものもあるそうなので、心配な方は病院に相談して下さいね。

 

慌てず、ひとつのことに集中して、食べたり、行動したりすることは、嚥下障害の予防だけでなく、怪我の予防、忘れ物を減らしたりすることにもつながるので、アラフィフにとって大事だなあと思いました。

 

f:id:aroundfiftyliu:20190815000223j:plain

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

では!

 

 

健康に関する記事はこちら↓もどうぞ♪

www.aroundfiftyliu.com

 

www.aroundfiftyliu.com

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記