アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマルにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

大量生産、大量消費はもう古い☆バーバリー42億円分焼却のニュースにショック!

f:id:aroundfiftyliu:20180726141739j:plain

 

 

 

 

42億円を焼却処分!

 

先日、ちょっとショッキングなニュースが。

 

www.fnn.jp

 

バーバリーと言えば超一流ブランド、バーバリーチェックの服、

トレンチコートは憧れです。

 

そのバーバリーが売れ残った服や香水、42億円分を焼却処分

したことが、問題になっています。

過去5年間で190億円を超える商品を処分したという報道もあるそうです。

 

ブランドを守るため

 

バーバリー側は専門家に依頼して、「地球に優しい方法」で

焼却したそうな。

 

「地球に優しい」焼却方法ってどんなの?てか焼却方法に

優しい、優しくないがあるのかい!?焼却すればどっちみち、

温室効果ガスが出るんじゃないの?って聞きたくなりますね。

 

まあ、処分の方法は置いといて、42億円分もの商品を焼却処分

した理由が、余剰品が安値で大量流出しネットで激安価格で

売りさばかれ、長い歴史をかけて培ったブランドの価値が崩れてしまうから。

 

たしかに、ブランドを守るため、安売りする訳にはいきません。

 

でも、そのために42億円をかけるようなものです。

 

バーバリーも初めは小さいお店で、耐久性、防水性に優れた服作り(軍服)で

人々に喜んでもらおうという所から、始まったと思うのですが、

これだけ、世界的なブランドになってしまっては、

もう後戻りはできないですよね。

 

余った服で福が来る!?

 

ちょうど同じような余った服についての番組がありました。

www.tv-tokyo.co.jp

 

ある服の在庫処分業者が、アパレル業者から大量に売れ残った在庫を

買い取り、ブランドがわからないようにタグをはずして、

自社サイトなどで安く販売し、年々取扱量は増えているそうです。

 

そのサイトを覗いてみましたが、今のトレンドにものってるし、

品質も良くて、低価格で売られているので、びっくり!

わたくしが、他のファッションブランドのサイトで見て欲しいなあと

思ってたワンピースにそっくりなものが1/2の価格で売られてるのには

驚きでした。

item.rakuten.co.jp

 

安く買えるのは嬉しいし、今のトレンドはサイクルが早いから、

安く買って、またすぐに次の服を買うのがふつうのことに、

なってきています。

 

ただ、服の作り手としては、どうなんですかね?

 

焼却処分になるのは、もちろん悲しいし、大量に売れ残ったものが、

安く買われて、激安価格で売られていく・・・

 

しかし消費者側としては、服の作り手や売り手の気持ちなんか、

いちいち考えていられないし、いいものが安く買えるのが一番ですものね。

 

でも、なんかこう、どっかでモヤモヤはします。

 

ただ、この番組で紹介された、セレクトショップビームスの取り組みは

なんだか明るい気持ちになりました。

 

一点もので勝負

 

売れ残った商品を、刺繍したりフリルをつけたり、

新たに「一点もの」として売り出す「ビームスクチュール」という

ブランドを立ち上げた事です。

www.beams.co.jp

 

オシャレに敏感な若い人の間で、とても人気が出ているそうなので、

がんばってほしいなあと思いました。

 

なんか、服については、もうちょっと真剣に向き合ってみたいなあ・・・

なあんて考えています。

 

では!

 

 

 

 ■アラフィフのシンプルライフについての記事はこちらもどうぞ(ブログ村テーマ)

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

自分らしく気まま生活!

50代主婦日記