アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

実家の母と格闘しながらシンプルで楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



幸せな生活を送る10のコツをヒュッゲな国デンマークから学ぶ

f:id:aroundfiftyliu:20170809182726j:plain

 ※2017年8月9日公開、2021年8月20日加筆修正

 

「幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国でのヒュッゲな一年」から印象的な箇所をご紹介。

 

www.aroundfiftyliu.com

 

 

 

 

 

 

デンマーク的に暮らす10のコツ

 

内容の大半は筆者のデンマークでの暮らしぶりが 描かれており、ちょっと退屈なのですが、最後の方に書かれてるデンマーク的に暮らす10のコツが大いに興味をそそられるものでした。

 

1.信頼する(もっと信頼する)

 

2.『ヒュッゲ』する 

「ヒュッゲ」とは、デンマーク語で、「心地よい」「幸福」という意味合いで、仕事効率よくこなしながら、家族や友人との時間を大切にする、必要最低限のモノでシンプルに暮らす、そんなデンマーク人のライフスタイルのことだそうです。

 

3.体を使う

 

4.美に触れる

 

5.選択肢を減らす

 

6.誇りを持つ

 

7.家族を大事にする

 

8.すべての職業を尊敬する

 

9.遊ぶ

 

10.シェアする

 

あんまり大きな声で言えないけど、この本はこの10のコツだけよかった・・・

(わたくし的にね♪)

 

選択肢が少ない事

 

どれも、日本人のわたくしたちの生活に取り入れる事が簡単なものばかり。 

 

そのなかで、注目したいのが、選択肢を減らすということ。

 

今まで、選択肢が多いという事は幸せな事だと思っていたけど、

(もちろん、いい場合もあります)

 

選択肢が多すぎる事が負担になっている事に多くの人が気づき始めています。

 

すべての職業を尊敬する

 

コロナ禍で、医療従事者、公共の交通機関、食料品のお店や飲食店などで働く方々、わたくしたちの暮らしに必要なエッセンシャルワーカーの方々の存在の大切さにとても気づかされました。

 

人は1人では生きられない、いろんな職業の方々の働きで暮らしていけるのだと改めて感じました。

 

まだまだコロナの収束は見えませんが、しっかりと感染対策をして、毎日を暮らしていきましょう。

 

最後に

 

モノにあふれた生活に疲れ果ててしまっている日常。

 

「ストレスのないシンプルさ」と「制限された中で享受する自由」を楽しんでいるデンマークの人々。

 

こういう所はさっそくマネしたいですね。

 

この夏もモノを減らしていきたいです。

 

では!

 

 北欧の映画もよかったです↓

www.aroundfiftyliu.com