アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

実家の母と格闘しながらシンプルで楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



昭和の時代はゆるかった!懐かしの小学校の危険遊具

f:id:aroundfiftyliu:20210520175818j:plain

 

昭和の時代の小学校の運動場には、今の小学校にはない遊具がありました。

 

たぶんわたくしが小学校2年か3年生の頃(昭和40年代)。

 

ある日、運動場に新しい遊具が設置されました。

 

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520180038j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520175734j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520175741j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520175749j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520175756j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520181600j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20210520181952j:plain

設置されて1年くらいで無くなったような気がします。

 

わたくしのように飛んでいった子どもが続出したのかな?

 

楽しかったけど、昭和の時代は危険な遊具って多かったですね。

 

わたくしの子供が小さい頃の20年前くらいはまだ箱型ブランコとかあったしなあ。

 

最近はホントすっかり危険そうな遊具は無くなりました。

 

この間小学3年生まで通った小学校の近くを通りかかったので、運動場を眺めながら思い出しました。

 

では!