アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



【本の感想】暮しの手帖(2021年4−5月号)生きることは楽しいことばかり

f:id:aroundfiftyliu:20210424182454j:plain

 

久しぶりに暮しの手帖(2021年4−5月号)を読みました。

 

その中の記事の感想です。

 

 

生きることは、楽しいことばかり

 

巻頭に掲載されている出版社「童話屋」編集者、86歳になる田中和雄さんのインタビュー記事のタイトルです。

 

記事にも書いていますが、楽しいことばかりでないのは誰しもわかっていることですが、田中さんは言います。

 

「でも、何のために生きているかといったら、楽しむためでしょう?」 

 

なんのために生きているのか、ってあまり考えてなかったし、楽しいことは大好きだけど、そればかりを考えてはいけない、となぜか思ってしまっていたなあ・・・

 

楽しいという気持ちよりも、「とにかく必死で努力して頑張る」というのが大事っていう世の中なのかもしれません。

 

特に今はコロナ禍で、「楽しいことばっかり考えてんじゃねえ」って叱られそうな雰囲気ですものね。

 

生きることは、楽しいことばかり。だって楽しむことが生きることそのものだから。 

 

生きる=楽しむこと、なんだから思いきって楽しまないとですね。

 

「”楽しいこと”は 何も、豪華なことや贅沢なことに限らなくて、生きている、そのものの中に山ほどある」

 

5月の連休中、毎日の生活の中で楽しいことを探してみませんか?

 

では!