アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



スネの粉ふきいも状態の乾燥は加齢によるものかもしれません

f:id:aroundfiftyliu:20190430210400j:plain

 

足のスネの乾燥がひどくて、常に粉ふきいも状態です。

 

f:id:aroundfiftyliu:20190430111628j:plain

非常にお見苦しいですが、粉ふきいもというより、うろこみたいになってしまっています。かゆみはありません。

 

毎日お風呂上がりにボディークリームをぬりぬりしても、時間が経つと乾燥してしまいます。

 

乾燥したスネにいいというサポーターを発見したので試してみました。(2種類)

f:id:aroundfiftyliu:20190430112544j:plain

上のサポーターは内側が保湿成分を配合したジェル状のシートみたいになっています(シップみたいな感じ)。下の黒いのは繊維に保湿成分が入ってる引き締め効果もあるというものです。

 

結論から申しますと、どちらもわたくしのスネの乾燥には効果はありませんでした。

 

ピンクのサポーターは寝ている時に着用していて、朝外すときは(蒸れて)しっとりはしているのですが、時間が経つと元に戻ります。

 

一週間ぐらい着用していたら、かゆくなってしまいました。

 

黒の方は引き締め効果があるので、足が疲れた時はすっきりしてよいのですが、乾燥には効果がありませんでした。

 

いろいろ調べてみましたら、わたくしのスネの乾燥はただの乾燥ではなく「老人性乾皮症」の疑いがありました。

(老人ってのが、軽くショック・・・)

 

角質層の水分を保持する機能の低下や皮脂分泌が減少して皮膚が乾燥した状態を「乾皮症」といいます。加齢による皮脂分泌の減少などが主な原因がいわれているため、「老人性」とついていますが、冬の乾燥や、入浴時の洗い過ぎなども原因となり年齢に関わらず発症します。

 

 

www.hifunokoto.jp

 

こういう乾燥の場合、普通のボディークリームではなく、尿素配合のお薬が効果があるそうです。

 

尿素配合のお薬は、皮膚に浸透して角質層の水分を保ち、肌の内側から皮膚を潤す作用があるとのことです。

 

尿素配合のお薬を買ってきて塗ってみると、今までとぜんぜん違います。

 

保湿効果が持続されます。

 

もう少し塗り続けていきたいと思います。

 

軽い乾燥なら上の保湿サポーターで対処できるかもしれませんが、わたくしのようなうろこ粉ふきいも状態でしたら、尿素配合のお薬を使うか、皮膚科を受診してみてくださいね。

 

では!

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記