アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマムにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

だらだらしてしまうインテリア

f:id:aroundfiftyliu:20180607125443j:plain

 

 

 

ネットでダイエット本の痩せるヒントの記事を読みました。

 

 ダイエットをしてるのに、ちっとも痩せない原因のひとつに、

「太るインテリア」に住んでいるというのがあるそうです。

 

ある例で、ちっとも痩せない女性が住む部屋は、ふかふかのラグに

座卓があってベッドがあるというインテリア。

 

女性は毎日仕事で遅く帰ってきて、座卓でごはんを

食べたらそのままラグにごろん。夜中の3時頃目覚めて、

ベッドに行って寝直すという生活。

 

ダイエットコーチは、痩せないのはこのインテリア、

つまりふかふかのラグが原因だと言うのです。

 

ラグでそのまま寝落ちして、夜中に目覚めて

3時に寝直して合計7時間睡眠をとっていても、

睡眠の質がよくないので、結局は「睡眠不足」。

 

睡眠不足は正しい判断ができない、筋肉が発達しない、

食欲を増進させるホルモンを分泌させるということを

引き起こすので、いくら運動、ダイエットをしても効果がでないそうです。

 

そこで、女性は寝落ちしないようにラグを無くして、

椅子とテーブルを買って、そこでごはんを食べるようにしたら、

1年後、ダイエットの効果が出て12kg痩せたそうです。

 

たしかに、ふかふかラグとか、某無印の「人をダメにするソファー」など、

すんごいリラックスするインテリアって、太る原因になるだけでなく、

「だらだら」を加速させますよね。

 

f:id:aroundfiftyliu:20180607120545p:plain

無印良品のHPより画像お借りしました)

 

ちょっと、横に・・・とか思ってゴロンとすると、

やらなければいけない事を山積みにして、一日が終わってしまう

という惨劇を何度体験したことでしょう。

 

そうか、だらだらしてしまう原因って、

「一日をだらりんこしてしまうインテリア」が原因なのですね。

(それだけではないこともあるけど)

 

休む時はきちんと休む、活動する時はきちんと活動する。

 

理想は「食事をする部屋」「リラックスする部屋」「寝る部屋」

「仕事をする部屋」に分かれていて、

その部屋では目的以外はやらないのが一番いいのでしょうが、

狭い家ではなかなか難しいので、食事が終わったら片付けるなど、

目的が終わったら片付けてリセットする事が大切ですね。

 

将来的には、万年床でだらだらしそうだけど、

寝る時は寝る!活動する時は活動する!という部屋を

いつまでもキープしたいものです。

 

できるかな?・・・

 

では!

 

ほんとに、このソファー↓は気持ちよすぎて、

動けなくなります!人がダメになるだけでなく

家庭が崩壊してしまう恐怖も感じたよ!

www.muji.net

 

 

 

 

 

シンプルライフに役立つ情報はこちら(ブログ村テーマ)

日常の小さなできごとを愛する生活 

暮らしを楽しむ 

住まいと暮らし 

自分らしく気まま生活! 

50代主婦日記