アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



正しい未使用マッチの捨て方があるんです

f:id:aroundfiftyliu:20191202132656j:plain

 

仏壇周りを片付けていたら、マッチが出てきました。

 

f:id:aroundfiftyliu:20191202124307j:plain

 

キリン印の大徳用品のマッチです。

 

亡くなった義母が買ったもののようです。

 

ほとんど使っていません。

 

義母はチャッカマンのようなものを使っていましたもんね。

 

徳用品ってだけでもおトクなのにそれに「大」が付いてるんですから、めちゃくちゃおトクなんだろうな。

 

マッチが約820本入っていて、値段を調べたら約200円。

 

うーん、100円ショップで売ってる使い捨てライターは大きさにもよるけど、半年くらいで使い切るから、おトクではあるかな。

 

マッチを捨てるわけにもいかず、せっせと毎朝お線香をあげる時に使ってますが、あと2年分くらいあるのね。

 

オリンピックも終わって、その頃の日本はどうなってるんでしょう。

 

使い切ってしまうつもりではあるけど、未使用のマッチを捨てる方法なんてあるのかしら?と思って調べたら、やはりありました。

 

  1. まずマッチ棒を取り出す。
  2. 空のマッチ箱は燃えるゴミに出す。
  3. マッチ棒をビニール袋に入れて水を張り、1晩水に浸す(頭薬がふやけてほとんど元の形がなくなる)。
  4. 翌朝水を切り、濡れている状態で生ゴミと同様のゴミ処分をする。

 

未使用の花火を捨てる時も同様の方法で処分してください。

 

ちなみにマッチの消費期限はないそうです。

 

よく考えたらチャッカマンや使い捨てライターはプラスチックごみになってしまうので、マッチの方が環境にいいかもしれませんね。

 

マッチを擦るのはめんどくさいと感じることもあるけど、あの火がついて燃える時のニオイにノスタルジーを感じる今日この頃なのでありました。

 

しかし乾燥する冬は火事が心配、火の取り扱いには十分お気をつけ下さいね。

 

では!

 

〈追記〉

使い捨てライターを捨てる場合は、火の気がないことを確認し、風通しの良い屋外でガス抜きをおこなってください。その後、自治体のルールに従って処分してください。