リウのくらしの絵日記

実家で要介護1の認知症の母と暮らしています。楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



なんでも無人になるとおばちゃんは寂しい・・・

この間NHKの番組「突撃!カネオくん」で、無人餃子販売や無人コンビニなど、無人ビジネスが拡大してるって話題をみました。

 

コロナ禍で人との接触の機会を減らすためや、人で不足の解消のためなどで、これから無人ってのが増えてくるのはわかるわ。

 

以前は、お洋服やさんなどで、声をかけられるのも苦手だったから、無人店舗ってのはいいなあと思ってたんですよね。

 

でも歳のせいか、コロナ禍で人との関わりが減ったせいか、お買い物でのちょっとした会話って、嬉しいなあって最近すごく思う。

 

特にお洋服やさんなんて、別に買う気がなくても店員さんに声をかけられたら、「これ、かわいいですね!」って言えば、店員さんも喜んでくださるし、わたくしも楽しくなってしまうから、遠慮せずに声をかけて欲しいなあ!(昔は嫌がってたのに・・・)

 

おばちゃんはなんとも思わないからOKよ!

 

あと、気になるのが電話の問い合わせの自動音声!

 

特に銀行とか、サブスクの解約とか、いろいろ細かく尋ねたい時が困るのよ。

 

電話しても、自動音声に変わって、当てはまる番号をプッシュしてくださいって言うけど、この質問が、解約についてなのか、その他の項目なのか、さっぱりわからない場合困るのよね。

 

以前、多分こっちだろうと思ってプッシュして回された部署が「あ、それはうちじゃなく〇〇のほうになりますので、XXXーXXXXにかけ直してください」って、こともあったよ。

 

なかなかたどり着けないし、「ただいま大変混み合っております」ってつながらないし。

 

ネットで「チャットでもお答えします」ってあっても、全然解決されなくて「これで解決されましたか?」って文章が出てくるだけで、「だからしてないんだよ!」って一人で叫んでしまうこの状況をチャットで訴えたい。

 

ダイレクトに人に電話がつながればいいのに!と思います。

 

でも、わかります。

 

直接、消費者からかかってくる電話なんて、大変すぎるものが多いって。

 

仕方ないとは思いますが、やっぱ人と直接話す方が伝わり易いんですけどねえ。

 

難しいかあ・・・

 

なんでも無人になると寂しいから、適度な人との触れ合いは残って欲しいなあ。

 

問い合わせの電話については、「トラブルはすぐには解決しないし、時間がかかる」と初めに強く思って挑むしかないのかも。

 

修行だよ!

 

では!