リウのくらしの絵日記

実家で要介護1の認知症の母と暮らしています。楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



コメダ珈琲で浮かぶ母の思い出

コメダでコーヒータイム

 

実家から歩いて行ける距離にコメダ珈琲があるので、2週間に1回くらいのペースでモーニングを楽しんでいます。

 

一人でゆっくり味わうコーヒーもいいのですけど、隣で話している人の話が聞こえてきたりして楽しいんですよね。←悪趣味?

 

ルイヴィトンのビジネスバッグを持ってフレームの上が白いメガネをかけた小太りの男性が混じったグループをよく見かけるのですが、どんな話をしてるんでしょうね。

 

興味深いです!

 

先日は隣の席では幼稚園か小学校に通うお子さんを持つお母さんが二人話しておられました。

 

話の内容はプールのこと、習い事のことなど、とっても楽しそう。

 

わたくしも懐かしいなあと思いながら、聞いていました。

 

その話の中で、「実家に行くたびに母がね、(お子さんが)やることが、あんたの子供の頃にほんとそっくり!って言うとよ〜」って笑っていました。

 

わたくしは思わず、子どもが小さい頃のことよりも、その頃の元気な母のことを思い出してしまいました。

 

きっとその若いお母さんは、近所にご実家があって、よくお子さんを連れて遊びに行ってるのでしょうね。

 

そして、お子さんを実家の庭で遊ばせながら、ご自分のお母さんとお茶を飲みながらお喋りしてるのかな。

 

母のことを思い出す

わたくしの子どもが小さい頃の母も、お出かけが大好きで、美味しいおやつをお土産に買ってきてくれて、実家に行ったら、子どもに好きなご飯を作ってくれて、楽しくおしゃべりしていましたね。

 

今はわたくしのことは誰かわからなくて、ピアノの上にある写真立の小さい女の子は遠いところに住んでいるのはうっすらわかっているけど、孫だというのは理解していない母を思うと、なんだか、ものすごく寂しいなあ・・・って思ってしまいました。

 

これが老いていくということなんですね。

 

もちろん母だけではなく自分も!

 

まあ、たしかにものすごく寂しいけど、楽しい思い出だったから幸せですよね。

 

なんだかいろいろ思いを馳せるコーヒータイム、味わい深いです。

 

次は、怪しいビジネス系の話で盛り上がってる人たちの側に座ってみたいと思います。

 

では!