リウのくらしの絵日記

楽しいシニアライフを目指す50代の毎日♪要介護1の母は現在施設で暮らしています。



「イタイおばさん」にはなりたくないけど、実際いろんなとこが「痛い」からしょうがないっ!

「イタイおばさん」

 

10年前、いや5年くらい前までは「イタイおばさん」にはなりたくないわ、って思ってました。

 

「『イタイおばさん』と『すてきな大人の女性の違い』っていうネット記事で、

 

寝癖も直さず、根元が白くなってもそのままで、緩んだ体型を気にせず、おしゃれに興味を失ってる、おばさん化した自分にすら無頓着な人

 

を「イタイおばさん」と言っています。

 

わたくしも、こうならないように気をつけなくちゃ!ってすごい思ってました。

 

「痛いおばさん」

 

50代になってわかったんですけど、「イタイおばさん」になりたくないって思ってても、実際は年取ると体のあちこちが痛いし、若い頃のように体は動かないし、精神的に不安定になるし、更年期になるし、不眠症になるし、介護の心配とか加わるし、自分のおしゃれとか美容とか装いとかまで気が回らないんですよね。

 

気を失いそうになることもあるし。

 

生きることに必死というか、今はまだ死ねない・・・て感じです。

 

雑誌やネットで言われるような「すてきな大人の女性」になるのは、オリンピック選手を目指すくらいに難しいことのように感じるようになりました。

 

自分が「イタイ」し「ガチで痛い」おばさんになるなんて、思わなかったし。

 

「あーいう年寄りにはなりたくない」って若い人が言うけど(わたくしだって言ってた)、それは若さや体力があるから言えることであって、老いるとそう簡単なことではないんですよねえ・・・

 

そう簡単ではないのよ人生は

 

50代になって、良かったのか悪かったのかわからないけど、「老い」についてすこーし、ほんとにすこーし、わかってきたように思います。

 

ただ、寝癖も治さず、根元も白いまま、おしゃれに興味が無くなったら、これは自分がめちゃくちゃ追い込まれてる、ガチでヤバイ状態だってことに気づかないといけません。

 

自分の生活、体調を見直す必要があります。

 

「イタイおばさん」になっても、それは実際に体や心が痛んでいるサインで、ちゃんとその痛みにはケアして、「痛くないイタイおばさん」になりましょー!

 

まあ、もしすてきなおばさんになれるなら、なりたいけどね。

 

では!

 

年齢ではなく“振る舞い”に表れる?「イタイおばさん」と「すてきな大人の女性」の違い [島田佳奈の恋愛コラム] All About

 

 

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代主婦日記 

50代を考え暮らす

イラスト日記