リウのくらしの絵日記

実家で要介護1の認知症の母と暮らしています。楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



昭和の一軒家には必需品の石油ストーブって、めんどくさい!

f:id:aroundfiftyliu:20220116171936j:plain

実家の暖房器具

 

実家の暖房器具はこたつ、エアコン、石油ストーブです。

 

母は高齢の一人暮らしなので、できたら石油ストーブは使ってほしくないのですが、やはり築50年の一軒家は石油ストーブではないと暖まりません。

 

母がいる時間が多い台所だけ、石油ファンヒーターを置いています。

 

灯油は配達してくれますので問題ないのですが(以前は納戸に移動させてましたが今は玄関に置きっぱなし)、ストーブのタンクに灯油を入れる作業がめんどくさい!

 

わたくしの家ではガスファンヒーターとエアコンなので、ずっとこの作業をしていた母は大変だったろうなあと思います。

 

もう苦行です!苦行!

 

寒い地域のようにFF式の石油ストーブでしたら、外部のタンクにタンクローリーが定期的に入れてくれるからいいのでしょうが、いちいちポリタンクを運んで、ストーブのタンクにシュコーってポンプで入れて、手が灯油臭くなって・・・ほんと手間!

 

たしかに石油ストーブはすぐに暖まるし、空気は乾燥しないし、とてもいいんですけど、やはりめんどくさいですよね。

 

日本の住宅は寒い!

 

車の運転中、小雨が降る中、帽子をかぶったおじいさんが傘もささずにポリタンクをキャリーに乗せて重そうに歩いているのを見かけました。

 

きっと古い一軒家に一人でお住まいで、暖房はこたつと石油ストーブだけなんだろうなあ・・・大変だなあ・・・と勝手に想像して涙ぐんでしまいました。

(ひょっとしたらセントラルヒーティングの豪邸に住んでるかもしれないのに)

 

日本の住宅って耐震性も大事だけど、冬の寒さや夏の暑さが軽減されるような作りも、もっと重視してほしいもんだ!と一人憤慨するのでした。

 

早くストーブがいらない季節になって!

 

では!

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代主婦日記 

50代を考え暮らす