アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

実家の母と格闘しながらシンプルで楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



読書が進まない時の対策法♪本を読む時間をきっちり決める

f:id:aroundfiftyliu:20211226220417j:plain

Kindle Unlimitedを利用しています。

 

月額980円で本や雑誌、200万冊の書籍が漫画が読み放題なのです。

(もちろん新刊や最近の人気の本はないのですが)

 

kindle端末だけでなく、スマホタブレットでも読めるので、待ち時間や電車に乗ってる時など、ちょっとした隙間時間に読むことができるのが最大のメリットだと思います。

 

ダウンロードで完了

 

kindle Unlimitedでダウンロードできるのは10冊まで。

 

読み放題になってる本も、急に読み放題ではなくなる場合もあるので、面白そう!と思ったらすぐにダウンロードしておきます。

 

しかし、わたくしはこれで安心してしまうんでしょうね。

 

なかなか読まない。

 

過去にもダウンロードしてるのに、1冊も読まない月が続いたことがありKindleUnlimitedを解約したことが2回くらいあります。

 

面白そうな本が読み放題になってると、また契約するんですよね。

 

時間を決める

 

ここ何ヶ月か試行錯誤してみたのですが、「ちょっとした時間ができたら読む」というのではなく、「10分間決めた時間に読む」という方式にしたら、だいぶ読書が進むようになりました。

 

読書に限らず、「時間ができたら」とか「これが終わったら」やろうとするんだけど、だいたい「やらない」んですよね。

 

おそらく人間ってそうできてるのではないかと。

 

なので、時間を決めて「これから10分間は読書タイム!」とやった方が間違いなく読書が進みます。

 

わたくしの場合、朝のメイクの後に読書タイムを設けました。

 

メイクは必ず、毎日やるので、間違いないです。

 

テーブルにメイク道具とKindle端末を用意してから、メイクを開始します。

 

何時から、というより、毎日決まった作業の後に読書する、とした方が定着しやすいです。

 

読書の他に、何か習慣づけたいことがあれば、この方法はおすすめですよ。

 

Kindle Unlimitedは初めての方は30日間無料体験がありますので、ぜひお試しください。

(無料体験中に解約しても30日間読めます。30日過ぎると料金が発生しますので、解約はお忘れなく!)

 

では!