アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

実家の母と格闘しながらシンプルで楽しいシニアライフを目指す50代の毎日です♪



中高年にはハードルが高い「抜け感」

f:id:aroundfiftyliu:20210228154202j:plain

  

 

「抜け感」について

 

最近のファッションに関する記事を読んでいたら、よく「抜け感」という言葉を目にします。

 

バッチリ決め過ぎず、ちょっと崩した着方をすることを言うそうです。

 

この「ちょっと崩す」っていう匙加減がおばちゃんには難しいですね。

 

この「抜け感」を出すテクニックの一つとして、襟をちょいと抜く方法があります。

 

子供が今流行のちょっと大きい感じのコートをこれもまたオーバーサイズのタートルネックセーターの上に羽織ります。

 

そしてほんの少し襟を抜くと、なんかカッコいいんですよね。

 

「こうやってちょっと抜くんだよ」と指導を受けますが、なかなかカッコよくは決まりません。

 

なんだかなあ、中高年がやると花魁ならまだしも、横山大観のあの絵のイメージが・・・

f:id:aroundfiftyliu:20210228144937j:plain

 

 

「ちょいはずす」って高度すぎる

f:id:aroundfiftyliu:20210228153636j:plain

 

どうも中高年の多くが、「ちょい」とか「ほんのり」とかいう微妙な外しってなかなかハードルが高いように感じます。(わたくしだけかもしれませんが)

 

昔の「おしゃれ」って、上から下までビシッとキメキメにすることだっただったけど、今のおしゃれって、プチプラで気軽に頑張り過ぎずにできることがなんとも羨ましい限りです。

 

でも、頑張っておしゃれをしていないように、さりげなくおしゃれに見せるように頑張ってる人もいるでしょうね。

 

それもそれで大変だなあ。

 

終わりに

 

今の主流っておしゃれだけでなく、生き方も「頑張り過ぎない」ようになってきています。

 

なので「抜け感」にあんまりとらわれ過ぎないよう、肩の力を抜いた自分らしい服装をすることが中高年の「抜け感」だと考えて、服選びをしていきたいですね。

 

あ、あんまし買わないようにもしなくちゃね。

 

では!