アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



自分の年齢と折り合いをつけるには☆「比呂美の万事OK」を読んでの感想

f:id:aroundfiftyliu:20201129182050j:plain

 

2020年11月24日付の西日本新聞の詩人の伊藤比呂美さんの人生相談「比呂美の万事OK」についての感想です。

 

この「比呂美の万事OK」についてはこのブログで何回か書かせてもらってるのですが、中高年以上の女性に刺さる話が多くて面白いんですよね。

 

 

自分の年齢と折り合いをつけるには

 

今回の相談は「50代になったけど、まだまだ若く見られたいと思う自分がいて、胸を張って50代とは言えません。どうやって自分の年齢と折り合いをつければいいでしょう」というものです。

 

比呂美さんの回答はずばり「折り合いがつかないなら、折り合いなんてつけずにジタバタしているといいと思います」。

 

「老いる」ということは

 

ただ日々が過ぎていくと感じていたものが、それ(更年期)以降は「過ぎていく」んじゃなくて「老いていく」になる。

 

顔とか体の要所から老いて衰えてきます。

それで自分とはこうあるべき、こうありたいという思い込みが現実からどんどんずれていって、元に戻りたい、戻したいとあがくわけ。 

 

確かに、最近の顔のシワや、体力や記憶力の低下に自分のことながら驚いています。

 

なのでもっぱら脳トレや筋トレ、化粧品などに興味津々です。

 

そうか、わたくしはめっちゃあがいてるわけなんですね(汗)

 

更年期を過ぎたら・・・

 

同じ時期に、気持ちの方はサバサバしていきます。前みたいにはいろんなことが気にならなくなっていきます。

 

すっかり閉経すると、今まで苦しんでいたこと、「会いたい」や「買いたい」や「ほしい」といった欲望は、もしかしたらホルモンのせいっだったとわかってきます。自分のせいじゃなかったんだと考えられるのはとても素敵です」

 

65歳、女性の先輩の比呂美さんに、こう言われると「更年期」も悪くないんじゃないかと思えてきます。

 

もちろん、真っ只中にいると、気持ちが不安定だし、苦しいことが多いけど、これを抜けたら、素晴らしい世界が待ってるというのは楽しみになりますね。

 

思いっきりあがいて、ジタバタするのも、側から見ると滑稽に感じるかもしれませんが、そういう時間を体験するのは成長(退化?)するための助走のようなものかもしれません。

 

まあ、今のところは筋トレ、脳トレなどでジタバタあがいています。

 

最後に

 

でも高齢者の中にはサバサバしてなくて、欲望が強い人もたくさんいるように思うけど、こういう人たちの欲望ってホルモンのせいじゃなかったのかしら?

 

一筋縄でいかないのが「老いる」ということなのでしょうか。

 

でも、筋肉は大事なので、みなさん筋トレやウォーキングは頑張りましょー!

 

では!

 

伊藤比呂美さんの人生相談についてのブログはこちらもどうぞ↓

www.aroundfiftyliu.com

 

www.aroundfiftyliu.com

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記