アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



実家の母はいつも自分基準

f:id:aroundfiftyliu:20201103130612j:plain

 

実家の母は84歳。

 

小柄で頭の毛はフッサフサで、おしゃれが好きなので、若く見えます。

 

行く回数は減りましたが、相変わらずデパートに行くのが大好きです。

 

でも、さすがに最近は歩くのがゆっくりボテボテになってきました。

 

そして認知機能もずいぶん衰えてきました。

 

曜日や日付の感覚が分かりにくくなってきています。

 

先日、一緒に出かける約束をしていまして、予定は台所のカレンダーに書き込んでおりました。

 

すると、その2日前ぐらいに「お出かけ、今日じゃなかった?」と母から電話がかかってきました。

 

出かけるのは○日だよ、と言うと「えー!今日○日だとばかり思ってた。もう最近、日にちやら曜日がいっちょんわからん」って。

 

「新聞で毎日日付確認したらいいやん」

 

「えー、新聞は間違ってることが多いんよ」

 

は?新聞が間違ってるってなんなのよ。思わず、

 

「新聞が間違うわけないやろ?そこはなんで自分が間違ってるってことに気づかないの?」と言うと、母は心底呆れたように、

 

「あんたは何にもわかってないねえ。〇〇新聞はよく日付とか間違ってることが多いんよ!」とキッパリ。

 

あ、またわたくしやってしまった。

 

高齢者の言うことを否定してはいけないんだった。

 

母の世界では、自分が基準になってて、間違ってるのは自分以外のもの。

 

こはちゃんとわかってるつもりなんだけど、時々なんでわたくしの方が間違ってるのさ!むきーっ!となってしまいます。

 

世の中には、「あら、私の間違いなのね、やだわ〜」って言う高齢者はいますよね。

 

性格の問題?

 

そうよね、母は負けず嫌いだもんね。

 

何だかいっつもこんなことの繰り返しだな。

 

でも、この間ブログで書いたけど、日々の生活は修行って言ってたよ。

 

修行して、神のステージに近くのだ、わたくしは。

 

では!

 

  

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記