アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



ゴミ放置の若者より、背後に立つ老人の方が頭にきたよ

f:id:aroundfiftyliu:20201024122741j:plain

 

2016年10月1日公開、2020年10月25日加筆、修正

 

腰を抜かした話。

 

 

公園にゴミが散乱!

 

もう15年以上前、公園の近くのマンションに住んでいた頃のことです。

 

午前中、車で出かけた時、マンションの裏の駐車場を出ると、すぐ公園が見えるのですが・・・

 

f:id:aroundfiftyliu:20201024123954j:plain

ちょっとふつうじゃないたくさんのゴミが散乱!

 

なんなんだ!と思いながら出かけ、夕方、戻ってきたら、やっぱりごみはそのままで、子どもたちは公園で思いっきり遊べない状態でした。

 

すぐにゴミを片付けたかったのですが、 夕飯の準備もあるし、わたくしが片付けてたら、「あら?あの人が散らかしてたのかしら?」と不審に思われるかもしれません。

 

夜中にゴミを片付けに

 

なので、夜の22時すぎくらいに公園へごみを片付けに行きました。

 

この時間なら歩いている人もいませんからね。

 

公園に行って、近づいてみるとそのゴミの山はなんとバーベキューのあと!

f:id:aroundfiftyliu:20201024123950j:plain

おそらく、3、4人でバーベキューをしたのでしょうね。

 

小さいバーベキューコンロ、箱にたくさん残った炭、50本入りぐらいの割り箸、たくさんの紙皿、たくさん残っている焼肉のたれ、チューハイの缶、肉の入っていた白いトレー、タバコの吸い殻、お菓子の袋・・・

 

近くのホームセンターやスーパーで購入すれば、全部で5000円くらいで、揃えられます。

 

お店で食べるよりずっと安く食べられます。

 

散々、飲んで、食べて楽しんでそのまま知らんぷりで帰る。

 

さぞかし、おいしかったでしょうね。

 

人間のやることじゃない!もう、はらわた煮えくり返りです。

 

夜中に背後におじいさん

 

「食中毒になれ!ブドウ球菌 0-157!発動せよ!」

 

と念仏のように唱えながらお掃除してましたら、とつぜん・・・

 

f:id:aroundfiftyliu:20201024123959j:plain

背後から、それもかなりの至近距離から、怒鳴られました!

 

だれもいない公園で、夜の22時過ぎに。

 

人って、本当に驚いた時は声がでないもんですね。

 

息止まりました、てか腰を抜かすってこういうことかと。

 

よく、海外の映画とかで、恐ろしい場面に出くわした時「Nooooooooooooo!」とか美女が叫んだりするけど、あれはそこまで怖がってないです。

 

余裕あり。

 

怒鳴るおじいさん

 

その声の主は公園のすぐ前に住んでいるおじいさんでした。

 

わたくしは、一生懸命呪いの言葉を唱えながら、ゴミを片付けていたので、おじいさんが近づいてきたことにちっとも気付きませんでした。

 

おじいさんは、ゴミをそのままにしてたら、その捨てたやつらが気がついて片付けにくるだろうから、そのままにしてたんだ!と怒鳴ります。

 

気づいて片付けにくる人だったら、始めから、公園にごみを捨てないですよね。

 

f:id:aroundfiftyliu:20201024124004j:plain

 

おじいさんは、わたくしが掃除してたのが気に食わなかったのか、放置バーベキューの当事者に怒りをぶつけたかったのか、えらいコーフンして怒ってました。

 

たぶん、昨晩バーベキューして大騒ぎしてたのを、家の中から見てんですね。

 

でも、3、4人の若者に直接注意するのは怖くてできなかったのでしょう。

 

でも、その怒りをわたくしにぶつけられても・・・汗

 

よく、若いお母さんが理不尽な理由でおじいさんに怒鳴られるって話、聞きますけど、あれってほとんどが、こういう若者の傍若無人な振る舞いとか、社会の矛盾なことに対する日頃の恨みを、弱い女性や子どもにぶつけてるんでしょうね。

 

ぶつけられる方はたまったもんじゃないですよーだ!

 

でもその時は、わたくしは突然現れたおじいさんに、本当に足の力が抜けるくらい驚いてへなへなしてたので、思考回路停止の状態で無言で、ぱんぱんのごみ袋をズルズル引っ張って帰りました。

 

最後に

 

後にも先にも腰を抜かしたのは、あの時ぐらいかも。

 

 数日経って、えらい腹たってきました。

 

放置バーベキューの奴らより、夜中に背後に立つおじいさんにね!

 

とにかく、背後には立たないで!そして文句は直接当事者に言ってくれ〜!

 

では!