アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



シワになりやすい?なりにくい?ユニクロのレーヨン素材の服

f:id:aroundfiftyliu:20201016163615j:plain

 ※2019年10月4日公開、2020年10月16日加筆、修正

 

 

ユニクロの薄手の素材は難しい

 

ユニクロでよく買い物をします。

 

素敵なデザインで、手ごろなお値段。

 

とても満足しています。

 

あ、満足しているって言ったのは、間違いです。

 

おそらくレディースに多いと思うのですが、生地が薄地のものに時々はずれがあるんですよね。

 

ものすごくスケスケだったり、洗濯したらすんごいシワシワになったり。

 

特に、洗濯したらすんごいシワになるのは、アイロンがけが洗濯ごとに必須なので大変です。

 

どういう素材がシワになりやすいか調べてみました。

 

しわになりにくい

 

まず、ユニクロでシワになりにくく、お洗濯後もノーアイロンでOKの素材です。

f:id:aroundfiftyliu:20201016154736j:plain

レーヨンブラウスシリーズはレーヨン76%、ポリエステル24%。

 

この素材の服はお洗濯してもシワになりにくいです。

 

ほんとアイロンしなくていいのは楽チンなので、毎日の通勤にはぴったりですね。

 

おすすめです。

 

シワになりやすい

 

これは去年購入したレーヨン100%のラッフルネックブラウスです。

 

f:id:aroundfiftyliu:20191003172208j:plain

 

お洗濯した後はシワシワになるので、アイロンは必須です。

f:id:aroundfiftyliu:20201016160929j:plain

 

デザインがとっても気に入ってるので、着ていますがアイロンは正直めんどくさいです。

 

クローゼットにハンガーで吊るしていても吊りしわができてしまいます。

  

同じレーヨン素材なのですが、洗濯後しわしわになるのと、ならないの。

 

違いはどこにあるのでしょうか。

 

レーヨンブラウスの違い

 

f:id:aroundfiftyliu:20191003174557j:plain

左のタグがラッフルネックブラウス、右がレーヨンブラウス。

 

同じレーヨン素材ですが、シワにならない方はレーヨン76%にポリエステル24%があわさっています。

 

レーヨンの特徴を調べましたら(Wikipediaより)

・肌触りがなめらかである。

・吸湿、放湿性がよい。

・光沢があり美しい。

・静電気を起こしにくい。

・焼却した場合でも有害物質の発生がほとんどない。

・濡れると強度が1/3に低下する。

・水ジミができやすい。

・洗濯で縮みやすい。

 

 

お洗濯したら縮みやすいんですね。

 

だからお洗濯の後はシワシワになってしまうんか。(目立った縮みはありません)

 

ポリエステル素材の特徴は、

・速乾性がある。

UVカット機能がある。

・耐久性、色持ちが良い。

・シワや型くずれしにくい。

 

ポリエステル素材の特徴 | キャブ株式会社

 

なるほど。シワになりにくいポリエステルの特徴でレーヨンの弱点を補ってるのですね。

 

素材を調べて購入する

 

ユニクロのレーヨン素材はシワになりやすいので、購入を考えてしまう部分もあったのですが、レーヨンにポリエステルが混ざった生地でしたらシワになりにくくノーアイロンでOKです。

 

これからはレーヨン100%素材のユニクロの服は、ちょっと考えて購入したいと思います。

 

よかったら参考になさってくださいね。

 

今日も読んでくだだってありがとうございました。

 

では!