アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



迷うからモノを減らしていこう

f:id:aroundfiftyliu:20200929184115j:plain

 

歯医者さんの待合室で、支払いをしている70代くらいの男性がいました。

 

受付:「次の検診は3ヶ月後になりますので、1月くらいにお知らせのお葉書をお送りしますね」。

 

男性:「3ヶ月後?1月?・・・年始やね、忙しいねえ・・・」

 

受付:「2月ごろにお知らせしましょうか?」

 

男性:「うーん、そうやねえ・・・2月もあれやし、1月もなんとかかんとか・・・いや1月に知らせてもらっていいよ」

 

男性、去っていって、また戻ってくる。

 

男性:「やっぱ2月にハガキ送って」

 

この間の受付と男性のやりとりはもっとあって、男性の方があーだこーだといろいろ話してて、受付の方はマスクの下で笑顔を作って聞いてあげてて、思わず小さい声で「めんどくさっ」と呟いてしまいました。

 

高齢者は考えをまとめてから話すのではなく、考えながら、その考えていることをそのまま口に出してしまうのよね。

 

f:id:aroundfiftyliu:20200929175835j:plain

 

f:id:aroundfiftyliu:20200929175842j:plain

 

「めんどくさっ」って思わず呟いてしまったけど、自分も思わず考えてることが口に出てしまうし、ああでもない、こうでもないと迷ってしまうことがすんごく増えてきました。

 

そうなってしまうのは、認知機能がだんだん衰えてくるのが大きな原因だとは思うけど、自分のまわりの選択肢の多さというのもあるのではないでしょうか。

 

ショッピングの場合、たくさんの中から選ぶのは楽しいですが、それだけ考える時間が増えてしまいます。

 

そして何かについて考えて決定しなければいけないとき、たくさんの条件があると決めるのが難しい。

 

先ほどの歯医者の検診の予定でしたら、3ヶ月後と言われたら、それに従うことにするという決まりを作ってしまった方が予定が立てやすいと思います。

 

たぶんその頃は忙しいから別の月に、と先延ばしにするとずるずると検診を受ける機会を無くしてしまう可能性の方が大きいでしょう。

 

四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳従う、と論語では言われてますが、現代は寿命が伸びたからか、50過ぎても迷いっぱなしです。

 

まず、自分の身の回りから少しづつモノ(選択肢)を減らすことが必要なんだなあと、改めて感じました。

 

自分もだんだん衰えてきて、高齢者の気持ちもわかってくるけど、まだまだがんばらなくちゃ!と自分にハッパをかける日々なのであります。

 

では!

 

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記