アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



親としての自分に区切りをつける時期

f:id:aroundfiftyliu:20200513235558j:plain

 

子どもは二人とも県外に就職、進学しています。

 

子どもが自立できるように「親としての自分」に区切りををつけるころですね。

 

もちろん、親と子という関係はずっと変わらないものなのですが、今までの関わり方を変えていかないといけないと思います。

 

子どもをちゃんとしたひとりの大人として接していかないと。

 

実家の母はわたくしが実家に行くたびに、県外で一人暮らししている二人を「かわいそう」と言うし、夫婦二人だけの生活をしているわたくしを「かわいそう」と言います。

 

心配してるのはわかるけど「かわいそう」には、うんざりします。

 

f:id:aroundfiftyliu:20200513125640j:plain

 

ひょっとして、わたくしが寂しそうに見えるのか?

 

楽しく暮らしてるようにみえないとか?

 

それなら、ちゃんとおしゃれして、毎日を楽しまないとね。

 

f:id:aroundfiftyliu:20200513125651j:plain

 

まあ、それもそれでなんか言われるんだろうけど、自分の暮しをしっかり楽しみます!

 

と言うものの、今のこの事態、やはり一人暮らしの子どものことは、とても心配です。

 

f:id:aroundfiftyliu:20200513125645j:plain

 

あまり連絡するのもなあ・・・と思いますが、本当に具合が悪いのかも!と思ったり。

 

親を心配させないように連絡しないのかも、とか。

 

でも、本当に具合が悪かったり、困ったことがあれば連絡してきますよね、大人なんだし。

 

f:id:aroundfiftyliu:20200513125658j:plain

 

子どもの力を信じないといけません。

 

親としての自分に区切りをつけることができるのでしょうか、わたくし。

 

では!