アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



アラフィフの人生をミニマムに-自分に足りないものばかりに目を向けない

f:id:aroundfiftyliu:20191217211255j:plain

 

先週、佐々木典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を読み返しました。

 

www.aroundfiftyliu.com

改めて読み直すと、いろいろまた気づかされる事が多いのですが、その中のひとつの言葉です。

 

必要なモノは全部持っていたのに、自分に足りないモノばかりに目がいってたので、ちっとも幸せでなかった。

 

バッグや洋服を持っているのに、新しい流行のものが出ると、これでおしゃれになれるかも。

 

あの家電があったら、料理のレパートリーがもっと増えるかもしれない。

 

足りないものなんて数えてたらキリがないです。

 

映画「365日のシンプルライフ」では、一人暮らしではモノって50くらいあれば十分なように言ってました。

 

www.aroundfiftyliu.com

 

それに自分に足りない「モノ」って、物質的な「モノ」だけでなく、精神的な「モノ」にも同じことが言えます。

 

自分の「弱点」とか「不得意な事」ばかりに目がいってしまって、自分の「いいところ」にはちっとも気づかない。

 

あれもできない、これもできない、なんて考えたら、何もできません。

 

自分の「得意な事」、これはできる、あれもできる!って考えたら、前向きになれますね。

 

うん、来年の目標は決まりましたよ。

 

「自分に足りないものばかりに目を向けない」

 

あ、〜しないって否定形はやめておこう。

 

「自分が持っているモノ(こと)に目を向ける」

 

これですね。

 

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」は、いろいろ再発見がありましたので、また書きますね。

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代主婦日記