アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



ギルトフリーで人生を楽しく♪

f:id:aroundfiftyliu:20190110233534j:plain

 

「ギルトフリー」って?

 

ラジオ番組で、大豆でできたお肉で作った

ハンバーグや豆乳で作ったチーズの紹介がありました。

 

これらの食品は「ギルトフリー」で美味しく

いただけるという事で、菜食主義以外の

方にも人気があるそうです。

 

で、「ギルトフリー」って?

 

ギルトフリーとは、「罪悪感を感じない」

ということ。

罪悪感を感じずに、食の欲求を満たす、

そんな商品のことを指します。

グルテンフリーのパスタや糖質を抑えたお米、

砂糖不使用のアイスなど栄養や成分に

配慮したもの。

  

www.oisix.com

 

例をあげれば、干し柿とかドライフルーツ、ナッツ類、

卵を使わないケーキ、添加物が使われてないお菓子などです。

 

ギルトフリーの食べ物が人気

 

ざっと調べた感じでは「ギルトフリー」って

言葉は、最近のトレンドみたいです。

知らなかった。

 

そして今一般的に使われてる「ギルトフリー」は

食べ物に関する事みたいですね。

 

たしかに、カロリーとか油分とかを

気にしながらも、その誘惑に勝てず、

こそこそ隠れて食べるより、そっくりな味を

再現した健康的な食べ物を思いっきり

食べる事の方がずっと健康的です。

 

「ギルトフリー」の食べ物って、これから

もっと浸透しそうですね。

 

でも、いくら健康的だからといっても、

がばがば食べ過ぎは良くないのでは・・・

 

気をつけましょう♪

 

「ギルトフリー」の人生

 

そのラジオ番組の後半のお便りコーナーで、

「旅行に行っても、家族などが気になって

罪悪感を感じて楽しめない」という

お便りが紹介されました。

 

「なんか罪悪感感じる人多いね。

そんな事考えなくていいのでは?

思いっきり楽しんでいいですよ。

『ギルトフリー』でいこう!」

(たぶん、こういうお返事だった)

 

とパーソナリティーの方は言われてました。

 

わたくしも、最近はそうでもないけど、

何かにつけて「罪悪感」を感じる方だったと

思います。

 

そう感じる人って、意外と多いのかも。

 

特に日本人。

 

 

お母さんなのに!?

 

子どもがいるのに!?

 

大人なのに!?

 

稼いでないのに!?

 

 

周りの目を気にして楽しめない人、

多いですよね。

 

わたくしも、そうだった。

 

「ギルトフリー」

 

この言葉、食べ物だけじゃなく、

生きていく上でとても大事なことかも

しれません。

 

では!

 

 

 

 

■アラフィフのシンプルライフのヒントはこちらもどうぞ!(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

自分らしく気まま生活!

50代主婦日記

日常の小さなできごとを愛する生活