アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマルにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

内館牧子著「すぐ死ぬんだから」を読んで

f:id:aroundfiftyliu:20181104221610j:plain

 

 

 

 

主人公は78才の後期高齢者の女性、ハナさん。

 

ハナさんは街でシニア雑誌の編集者に声をかけられ、

写真を掲載される程のおしゃれシニア。

 

なんたって「人は中味よりまず外見を磨かねば!」が

信条のお方です。

 

このハナさんの長く連れ添った最愛の旦那さんが

亡くなられて騒動が巻き起こるお話です。

 

この本の中で、ハナさんの痛快なセリフが楽しくて

気持ちがいいのですが、その中でも特にいいのが、

 

「先のない年代に大切なのは、偽装。これのみ。

磨きをかけてだますことだ」

 

現在の日本では耐震データや車の燃費の改ざんや

偽装が大変問題になっています。

 

正確さ、誠実さが日本の最大の良さだったのに、

表面上だけ取り繕おう、かっこだけ付けば良い、という

姿勢は、本当にいけないことであります。

 

しかし、シニアは「偽装」していいんです!

 

どんどん「偽装」しましょう!

 

なんだか、勇気がわいてきます。

 

「ありのまま」「ナチュラル」がいいのは、

30、40代くらいまでで、50代になると、

ただの「手抜き」になってしまう恐れがありますものね。

 

きっとわたくしが30代とかにこの本を読んだら、

「年相応がいいんじゃないの?」なんて

思ったと思います。 

 

きっと、どんどん衰えていく50代以上の人は

元気がもらえるのではないのかな?

 

年をとってわかる事、気づく事、いろいろありますね。

 

ぜひ、50代以上の人によんでほしい本であります。

 

では!

 

 

 

■50代のシンプルライフのテーマはこちらですよ♪

ブログ村テーマ

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50代からの片付け・収納・家事

50代ファッション&コーデ