アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマルにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

アラフィフ、誤嚥(ごえん)の恐怖!

f:id:aroundfiftyliu:20180913123552j:plain

 

時々、というか最近になって回数が増えたような

気がするのですが、飲み物を飲んでむせてしまうことが

あります。

 

わたくしは飲み物を飲み込みながら、すぐに立ち上がったり、

ばたばた動きながら飲んだりすることが多いので、

よくお茶を吹き出して咳き込んだりします(かっこわるー)。

 

数日前も激しくむせて七転八倒し、家族に心配と恐怖を与えてしまった・・・

(怖いよね、50過ぎのおばさんがお茶吹き出してげほげほむせてる姿)

 

このようなことを、「誤嚥(ごえん)」といいます。

 

誤嚥とは、

食物や唾液は、口腔から咽頭と食道を経て胃へ送り込まれます。

食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に

入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)と呼びます。

誤嚥は肺炎の原因ともなります。誤嚥に近い状況として、喉頭流入があります。

喉頭流入とは、食物が喉頭に流れ込むものの、

声門より上にとどまり、気管には侵入しない状態です。  

    誤嚥|日本気管食道科学会

 

原因はさまざまな病気が原因になってる場合もありますが、

加齢とともに、飲み込む力が弱くなってることも原因になります。

 

喉を使わなくなってるのも、飲み込む力を低下させるようです。

 

は!そういわれれば、日中はほとんど誰ともしゃべってない。

 

しゃべったとしても「警察24時」とかのテレビにむかって、

「あはは〜、これ、色青に変わるヤツ〜」といった

ツッコミをするぐらい。

 

歌は超絶ド下手なので、歌う事なんてほとんどない。

 

あああああ、だから最近むせることが多くなったのですね。

やばいぞ。

 

誤嚥の予防には下記のことがおすすめだそうです。

 

・舌の体操(口の中に食べ物が残ったり不用意に食べ物が喉に入ることを防ぐ)

 

・首の運動(喉の筋肉の動きが良くなります)

 

・歌(普段から声を出して誤嚥した異物を咳で外に出せるようにする)

 

・口腔内の清潔(肺炎を起こす菌が口から肺に入るのを防ぐ)

 

年を取ると体中の筋肉が衰えてくるので、スクワットなどの

筋トレの必要性が言われていますが、

のど(飲み込む力)も衰えてくるのですね。

 

ひえー、体のあらゆる所を動かすようにしないといけませんね。

 

では!

 

■お片づけ、シンプルライフに役立つ情報はこちら(ブログ村テーマ)

健康・ヘルス・ダイエット 万歳!

自分らしく気まま生活!

シンプルで豊かな暮らし

50代主婦日記

すっきり暮らす