アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマムにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

スケジュールを詰め込みすぎない☆アラフィフ、パニック障害とお付き合いする話③

f:id:aroundfiftyliu:20180525163453j:plain

 

パニック障害になって、

「小さな目標をたて、ひとつづつクリアしていく」

ことで、症状を緩和させていきました。

 

www.aroundfiftyliu.com

 

もうひとつやったことがあります。

 

「スケジュールを詰め込みすぎない」ということです。

 

特に、一日にスケジュールを2、3個入れて

動いていると、慌ててしまい動悸や、冷や汗、

メニエールのような目がくらくらするような症状が

しばしば出るようになりました。

 

それまでは、バタバタ一日を過ごすことが、

当然だと思っていたのですが、限界がきてしまったのでしょうね。

 

・余裕を持って行動する。

ずっと、出かける時は大慌てで出かけていました。

出かける時間から逆算して、起きる時間を決めればいいのに

何でしなかったのでしょうね。

 

今から考えれば、行き当たりばったりと言うか

計画性の無い人間だったからかなあとも思います・・・

 

・前日にできる準備はしておく

これも余裕を持って行動することにつながるのですが、

服を決めておく、持って行くものをかばんに入れておく、

夕飯がすぐできるように下準備をしたり、簡単に

すぐできるものに決めておいたりしました。

 

・一日に大きなスケジュールはひとつにする

ひとつのことだけをすることで集中できるし、

余裕ができて慌てることがなくなりました。

 

こうして書いてたら、なんかわたくしって、

いっつも慌てていたんだ・・・と今さらながら

気づかされました。

 

自分で考えて、自分の軸で考えることが

できてたら、自分のキャパを超えてしまって

パニック障害になることなんてなかったのではないかな。

 

自分軸で生きる。

 

心身の為にも大事なことなんですね。

 

うむ。

 

では!

 

 

■アラフィフの健康的な生活についてはこちらもどうぞ。(ブログ村テーマ)

暮らしを楽しむ

50代主婦日記

生活に役立つ健康情報

健康・ヘルス・ダイエット 万歳!

シンプルで豊かな暮らし