アラフィフ☆リウの絵しごと日記

ミニマルにもプレミアムにもなれないけど、一応めざしてみる主婦の日々

オシャレは、いつだって自分が主役!

f:id:aroundfiftyliu:20180518174549j:plain

 

ネットで興味深い記事を見つけましたので、ご紹介します。

 

otonasalone.jp

 

元ギャル雑誌の編集長、婚活コラムニストの浅見悦子さんの

コラムなのですが、お題の通り、

「40代が陥る『おしゃれ迷子』『シンプル&ベーシック』という

病について」ご自身の体験を通して語られております。

 

シンプル&ベーシックといえば聞こえがいいけれど、

言い換えれば「無難」であり「量産型」。そして「カブりがち」。

もちろんそれはそれでダメなわけではないけれど、

一度しかない人生、無難な服だけを着ていてるのは、

自分にとってどうなのだろうか……と。

 

誰しも思う事ですよね。

 

まあ、浅見さんは台湾のステキなブランドに出会われて

悟りを開かれたわけです。

 

まずは、「自分が心地いい+テンションが高まる」

キーワードをあげてみよう。

40代らしいとか、40代のファッション誌の流行がどんなものとか、

同世代がどういう服を着ているかは考えずに。

他人の目は気にしない。自分の人生なのだから、着たい服を着よう。

体と心が心地いい服を着よう。

 

自分が着たい服!

自分の体と心が心地いい服を着よう!

自分の人生なのだから!

 

そう!いつでも自分が主役!

 

あー、なんで、この簡単な答えに気づかなかった!

 

子どもが小さいと、学校とかで目立つかな?とか

気になってしまうけど、子どもが大きくなって

手が離れる頃の40代、50代の人は服選びを

自分主体で考えやすくなる年齢ではないかなあ。

 

いいお母さん、お嫁さん、奥さんに見られるように、

ではなく、自分が楽しい、心地いいを基準に考えよう。

 

わたくしにとっての「心地いい、しっくりくる、楽しい」を

考えたら、

 

・シンプル

・カジュアルだけど大人っぽい

・ちょっとモードっぽい

・かわいい要素もちょっとある

 

って感じかなあ。

 

浅見さんは、

いつもは行かない場所、お店に足を運んでほしい、

最初は出会えなくても、繰り返しているうちに見つかるはず。

そこに、迷子を脱出、病を克服する新たな“出会い”があるのではと思う。

 と語っています。

 

どんどん、冒険しよう!

 

そう!だってアラフィフになって神経図太く

なったから、知らないお店に入る度胸が

つきましたしね♪

 

では!