アラフィフ☆リウのくらしの絵日記

50代のためのシンプルで楽しい毎日のお役立ち情報をお届けします



お片づけは「雑務」にあらず!大ヒット整理術本から学ぶ、家の中のモノを断捨離する3つのポイント☆

2017年2月1日付けの日経新聞の広告欄に、

 

「ミスが少ない人は必ずやっている [書類・手帳・ノート]の整理術」

 

の本が載っていました。

 

整理術

わたくしも参考にしました

 

だいぶ前の本ですよね?わたくしも持っています。

 

調べたら初版は2010年でした。

 

「大ヒット32万部突破!!」

 

ずっと人気なのですね。

 

わたくしも書類や引き出し、カバンの整理に参考にさせて頂きました。

 

ビジネスマンだけでなく主婦にも大変役立つ情報が満載です。

 

書類の「保管」と「廃棄」の判断方法の項目がありますが、もちろん、家庭内では郵便物、学校からのプリントなど、「書類」がありますが、これは、家のなかの「モノ」と

置き換える事が出来ます。

 

「廃棄」と「保管」の判断方法

 

「モノ」と置き換えてみたら・・・

 

◆廃棄するもの

・1年以上未使用の書類

廃棄と保管

 

・保存期限の過ぎた書類

賞味期限が過ぎた食品など。年賀はがきなど、1年前のは捨てるなど、期限を決めた方がいいですね。

廃棄と保存

・ダブり書類

たくさん、保管する必要はないですよね。せいぜい1個か2個でいいかなあ。

廃棄と保存

 

トヨタの片づけ本もおすすめです

会社の整理術も家庭の整理術も同じなんですね!

 

その観点からいくと、この本もビジネス本ですが、家庭の整理術の参考になります。↓

 

 こちらも図解なので、とてもわかりやすいです。

 

片付けに興味のないダンナ様がいらしたら、何気にリビングとかに置いてみたらどうでしょう?

 

断捨離とかのフレーズを警戒するダンナ様も、ビジネス本だったら手にとられると思いますよ。

 

あ、でも読んで終わり!ってなる可能性もあるかなあ(汗)

 

最後に

トヨタの片づけ」で、いいなあと思った言葉が、

 

片づけは雑務じゃない。

「仕事そのもの」である

 

というのが、いいですね。

 

掃除とか片づけといった家事が軽視されてるのは、いやだなあと思ってたので、この言葉はうんうん!とうなずいてしまいました。

 

 

では!